ボストン駐在妻の1歳と楽しむ英語絵本

1歳児とボストン近郊アーリントンで駐在生活中。気に入った英語の絵本について。歌について。日々のアメリカ育児の記録とあわせて書いています。

Stanley's Garage / テラリウムのプレゼント

 8月後半/9月がスクールイヤーの始まりであるアメリカでは、6月から夏休みに入ります。

 

息子の保育園は、6月までの10ヶ月コースと通年コースの二つがあり、息子は通年ですが、6月で一区切りの子も多い。

 

そこで6月に一年の感謝として、先生にプレゼントをという企画がありました。

 

取りまとめの方が全部アイディアも出してくださり、我が家はその指示に乗っかっただけ。

 

それが、小さい子どもでも参加できる素敵なプレゼントでした!

 

それはみんなでテラリウムを作ろう!というもの。

 

石でも、枝でも何でもいいので、子どもが拾ったものをガラス瓶に入れて一つの作品に。

 

f:id:marieh:20170718221343j:image

 

石や枝、葉っぱを集めることならば、1歳児でも楽しめる。

 

親も必死に何か書かせたり、というのがないのがありがたい。

 

もうすぐ2歳の息子は、「先生にプレゼントするもの」という理解はできたようで、拾って袋に入れていました。

 

自然豊かなアーリントン、沢山入れるものを見つけられました。

 

用意してくれたガラスの瓶にそれぞれ、一つか二つずつ拾ったものを入れて。

 

みんなが集めたものがガラス瓶に入るととても素敵になりました!

 

拾うなどの準備は、個別に時間のある時にして、保育園の送迎時に瓶にポンと入れるだけで、みんなで一つのプレゼントに出来上がる。

 

忙しいワーキングペアレンツにとって、効率的だし、先生もみんなで作った一つの作品というのは、個別にもらうより嬉しいのではないかなと思いました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて絵本は、保育園に迎えに行くと、息子が何回か手に持っていた本。

 

Stanley's Garage

 

Stanley's Garage

 

Stanleyという可愛らしい主人公の、車の修理工としてのお仕事の一日が描かれています。

 

Stanley'sは、車を使うお仕事の紹介シリーズになっているようです。

 

Stanley's Garageは色の勉強にもなります。

 

息子としては、乗り物とリスの組み合わせが良かったのかな?

 

f:id:marieh:20170715041047j:image

f:id:marieh:20170715041108j:image

 

しばらく図書館から延長していました。

 

他のシリーズはこちら。

 

日本語にはなっていないようですね。

 

 

Stanley's Café

Stanley's Café

 

 

 

Stanley the Farmer

Stanley the Farmer

 

 

 

Stanley the Builder

Stanley the Builder