ボストン駐在妻の1歳と楽しむ英語絵本

1歳児とボストン近郊アーリントンで駐在生活中。気に入った英語の絵本について。歌について。日々のアメリカ育児の記録とあわせて書いています。

動物絵本

The very hungry caterpillar/ はらぺこあおむし/ by Eric Carle

英語絵本は、原書で読むのが一番。 と、思う方もいるかもしれないけれど、 日本語翻訳版も素晴らしいものがあります! むしろ翻訳版の方が良いのではないかと思う時もあるくらい。 日本語の擬音表現などとても味があると思う。 日本人だから感じるのかもしれ…

Cleo's Counting Book / Arlington Porch Festival

夏のボストンはイベントもり沢山。 6月最初の週末は、アーリントンでグリークフェスティバルとポーチフェスティバルがありました。 ポーチフェスティバルって?? と思ったですが、名のとおり、個人の家のポーチ(玄関前のスペース)がライブ会場に。 アーリ…

1歳3か月~1歳5か月お気に入り絵本まとめ

息子1歳3ヶ月の英語絵本読み始め〜1歳5か月までのお気に入り絵本のまとめ。 英語絵本は、主にこれまでに紹介してきた本たちです。 Pat the Bunny Numbers Honk Honk! Baa Baa! From Head to Toe The Going to Bed Book Where is Baby's Belly Button 日本語…

Where is Curious George?

5月も末になり、ボストンの春も終わろうとしています。 初めてのボストンの春。 春じゃない!!! 日本人からすると。 ボストンの春は、日々、冬の日と春の日の入れ替わりで、 昨日はコートを着ていたのに今日は、半袖短パンという程に気温が違う。 驚いてい…

Honk Honk! Baa Baa!

家の近くにあるRobbins Lirary、週に最低1回、多い時は3回位通ってる。 最近は月曜のストーリータイム、 土曜の不定期イベント、 小雨の日の遊び場として。 保育園行き始める前までは、毎週火曜のシンガロングにほぼ毎週通ってました。 おもちゃの館内貸出…

The Going to Bed Book / by S. Boynton

ねんねは、生まれてからずっと悩みの種。 昼は外ならベビーカー、家なら抱っこ紐で寝かしつけ。そろそろ重い。 夜は、一歳半前にミルクを辞め、暗がりの部屋で本を読んで寝るのが定着しました。 ところが息子が一歳8ヶ月になった今週、たまたま私の体調が悪…

From Head to Toe

エリックカールの本を読んでみたかった、 Head shoulders knees and toesの曲で、頭を指差す様になった、 という理由で買ってみたこの本。 「From Head to Toe」 タイトルのとおり、動物たちが、頭からつま先まで、身体の色んな部分を使って動きます。 "Can …