ボストン駐在妻の1歳と楽しむ英語絵本

1歳児とボストン近郊アーリントンで駐在生活中。気に入った英語の絵本について。歌について。日々のアメリカ育児の記録とあわせて書いています。

1歳

Mine-o-saur / おもちゃのシェア

おもちゃなどのシェア問題。 性格で反応の仕方や大きさ、 月齢でレベル感は違えど、 どんな子でも向かい合う大事な成長の過程。 我が家も一歳半すぎ頃から大いに経験中。 どうしたらよいのかと悩むことも多いです。 心がけようと思っているのは、 -根気よく…

Bear Says Thank You / すみませんよりありがとう

ボストン近郊で育児をしていて、少しずつ身について来たこと。 助けてもらった時に、 笑顔で、相手の目を見て「Thank you!」と言う。 この辺りでは、こういう親やケアギバーが多い。 これ、日本で育児中の親は中々できてないんじゃないかなと思う。 という…

You Are My Sunshine / 子連れフェンウェイパークツアー

7月は、日本から親が遊びに来ていることもあり、ボストン観光モードです。 初めてフェンウェイパークツアーに行って来ました! 1歳10ヶ月の息子も、心配でしたが楽しめたようでした。 天気の良い日だったので、パークからの景色が開放的で気持ち良く、それだ…

Stanley's Garage / テラリウムのプレゼント

8月後半/9月がスクールイヤーの始まりであるアメリカでは、6月から夏休みに入ります。 息子の保育園は、6月までの10ヶ月コースと通年コースの二つがあり、息子は通年ですが、6月で一区切りの子も多い。 そこで6月に一年の感謝として、先生にプレゼントをとい…

Press Here / まるまるまるのほん / 10秒カウントルール

もうすぐ2歳児、日によりますが、中々手強くなってきました。 ところで、1歳2ヶ月ころからでしょうか。 意識的にやってみていることがあります。 名付けて「10秒カウントルール」。 こちらで3歳の娘さんがいるお友だちに初めて会ったとき、その様子を見て感…

Where is Baby's Belly Button / by Karen Katz / 公園のおもちゃ

アーリントン近郊の公園では、不要になったおもちゃを公園に寄付していく人がいます。 こどもたちはそれらおもちゃで遊んでいて、おもちゃの少ない我が家も助かっています。 それらは責任の所在がはっきりとせず、壊れたりしてもそのままなので、良し悪しは…

The very hungry caterpillar/ はらぺこあおむし/ by Eric Carle

英語絵本は、原書で読むのが一番。 と、思う方もいるかもしれないけれど、 日本語翻訳版も素晴らしいものがあります! むしろ翻訳版の方が良いのではないかと思う時もあるくらい。 日本語の擬音表現などとても味があると思う。 日本人だから感じるのかもしれ…

My Bus/ by Byron Barton/ 海外での赤ちゃんのお風呂の入れ方

赤ちゃんのお風呂の入れ方問題は、おそらく海外育児あるある。 もちろん日本でも赤ちゃんのお風呂は大変ですが、洗い場がないのは日本人的にはやりにくい。 我が家の場合、2ヶ月から11ヶ月までイスラエルに住んでいた頃は、ベビーバス。 お風呂のつくりの問…

Cleo's Counting Book / Arlington Porch Festival

夏のボストンはイベントもり沢山。 6月最初の週末は、アーリントンでグリークフェスティバルとポーチフェスティバルがありました。 ポーチフェスティバルって?? と思ったですが、名のとおり、個人の家のポーチ(玄関前のスペース)がライブ会場に。 アーリ…

1歳3か月~1歳5か月お気に入り絵本まとめ

息子1歳3ヶ月の英語絵本読み始め〜1歳5か月までのお気に入り絵本のまとめ。 英語絵本は、主にこれまでに紹介してきた本たちです。 Pat the Bunny Numbers Honk Honk! Baa Baa! From Head to Toe The Going to Bed Book Where is Baby's Belly Button 日本語…

Where is Curious George?

5月も末になり、ボストンの春も終わろうとしています。 初めてのボストンの春。 春じゃない!!! 日本人からすると。 ボストンの春は、日々、冬の日と春の日の入れ替わりで、 昨日はコートを着ていたのに今日は、半袖短パンという程に気温が違う。 驚いてい…

I Love You Through and Through/ こどもに愛情を伝える本

2月(1歳5ヶ月頃)から、保育園に週2日通い始めた息子。 最初の数回は泣かずに登園。 4回目位から、パパママと離れることを知り、3週間5,6回ほどほど泣き。 その後、慣れたように思っていたけれど、4月半ばからまた泣くように。 ある朝、激しく「ママ!!」…

The Going to Bed Book / by S. Boynton

ねんねは、生まれてからずっと悩みの種。 昼は外ならベビーカー、家なら抱っこ紐で寝かしつけ。そろそろ重い。 夜は、一歳半前にミルクを辞め、暗がりの部屋で本を読んで寝るのが定着しました。 ところが息子が一歳8ヶ月になった今週、たまたま私の体調が悪…

numbers / by Xavier Deneux

図書館で借りてみたら、息子がどハマり! 「numbers」 でこぼこ立体的な作りなので、小さい時から触って楽しめるし、とても可愛い! 寝かしつけの際、部屋がほぼ暗がりなので、手触りだけで楽しめるから我が家にはちょうどよい。 この本を読み始めてから、や…

From Head to Toe

エリックカールの本を読んでみたかった、 Head shoulders knees and toesの曲で、頭を指差す様になった、 という理由で買ってみたこの本。 「From Head to Toe」 タイトルのとおり、動物たちが、頭からつま先まで、身体の色んな部分を使って動きます。 "Can …

Pat the Bunny

最初に書きたいのは、1歳3ヶ月から7ヶ月の現在まで引き続き息子のお気に入りの一冊。 「Pat the Bunny」 クリスマス頃にアメリカ人の年配の方からいただいた絵本。 「私の子どもたちも昔気に入っていて、孫も好きな本なんだよ〜」と。 色んな仕掛けがあり、…