ボストン駐在妻の1歳と楽しむ英語絵本

1歳児とボストン近郊アーリントンで駐在生活中。気に入った英語の絵本について。歌について。日々のアメリカ育児の記録とあわせて書いています。

Good Night Gorilla / おやすみゴリラくん

寝るときのおとものくまのぬいぐるみ、

 

「べあち」(ベアちゃんと名付けてあった)。

 

最近の息子のブームは、

 

本を読み終わり、布団をかける時にべあちを布団の奥に押し込む。

 

そして寝るポーズを一瞬とってから

 

「ない。ない、ない!」

 

とべあちを探し出す、、

 

謎の遊び、笑。

 

「べあち、ぎゅー」とか言って

 

ぎゅっと抱きしめる、可愛らしい行為をしたと思ったら、

 

すぐさま放り投げる、、

 

あわれ、べあち、笑。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて絵本は、寝かしつけにぴったり?な本。

 

とはいえ我が家は昼間読む方が多いけれど。

 

Good Night, Gorilla

 

Good Night, Gorilla board book

 

息子もゴリラや動物が沢山でてきて気に入っています。

 

でもこの本、大人の方が印象に残るかも!

 

文章は少なくて、"Good Night 〇〇"のみ。

 

"Good Night, Gorilla"

 

"Good Night, Lion"

 

と順番に、夜の動物園を係のおじさんが挨拶に回ります。

 

その後ろをイタズラゴリラと動物たちが・・・。

 

f:id:marieh:20170603030622j:image

f:id:marieh:20170603030628j:image

f:id:marieh:20170603030652j:image

 

 愛らしい絵と、ゴリラのイタズラの可愛いこと。

 

それだけでも好きになれる絵本ですが、

 

それ以上に絵本の細部にある仕掛けのようなものに気づくと、

 

「そういうことか!!」

 

と腹落ちします。

 

廊下の写真や、ベッド脇の写真たてにヒントがあります。

 

小さい子への読み聞かせとしては、言葉の全くないページもあり、

 

読み方が少し難しく工夫が必要かもしれません。

 

不思議な後味で、癖になる絵本です。

 

※息子読み始め: 1歳6ヶ月〜

 

 

Good Night, Gorilla board book

Good Night, Gorilla board book

 

 

 

日本でも翻訳版が有名なようですね!

おやすみゴリラくん

おやすみゴリラくん