ボストン駐在妻の1歳と楽しむ英語絵本

1歳児とボストン近郊アーリントンで駐在生活中。気に入った英語の絵本について。歌について。日々のアメリカ育児の記録とあわせて書いています。

Where is Baby's Belly Button / by Karen Katz / 公園のおもちゃ

アーリントン近郊の公園では、不要になったおもちゃを公園に寄付していく人がいます。

 

こどもたちはそれらおもちゃで遊んでいて、おもちゃの少ない我が家も助かっています。

 

それらは責任の所在がはっきりとせず、壊れたりしてもそのままなので、良し悪しはあるかもしれません。

 

東京ではそれが「危ない」と問題になりそうですね。

 

個人のものか寄付されたものかよくわからず、使ってよいのかなと思うときも。

 

最近リニューアルされたMagnolia playgroundに行ったら、寄付されたおもちゃに公園名を書かれていて、気兼ねなく使えてありがたかった!

 

f:id:marieh:20170630040806j:image

 

シェア問題に直面している息子は、気に入ったトーマスの乗り物に、遠くで他の子が乗っているのを発見しては怒っておりました、、苦笑

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて絵本は、何冊もお気に入りがあるKaren Katz(カレン カッツ)から2冊。

 

Where Is Baby's Belly Button? 

 

Where Is Baby's Belly Button? (Karen Katz Lift-the-Flap Books)

 

Toes, Ears, & Nose! 

 

Toes, Ears, & Nose! (Karen Katz Lift-the-Flap Books)


この2冊の良さは、親子ともに気にいる可愛い絵と、

 

しかけ絵本になっていて、こどもにはめくるのが楽しいこと!

 

そしてこどもが何故か喜ぶおヘソネタ。

 

Toes, ears, and noseのほうが、めくり方にバリエーションがあり、息子はより楽しいようです。

 

体のパーツも楽しく覚えられます。

 

 f:id:marieh:20170701011127j:image

 

f:id:marieh:20170701011143j:image

 

Where is Baby's Belly Buttonは、おへそどこ? のタイトルで日本で出版されているようですね。

 

ただしかけ絵本は、気をぬくとベリベリ剥がされてしまう。。

 

2冊とも直しても直しても、、もはやボロボロ。

 

最近借りてきた、Karen KatzのTen Tiny Tickles も気に入っています。

 

Ten Tiny Tickles

 

この本は0歳代から出逢いたかった!

 

赤ちゃんとスキンシップを楽しめる本になっています。

 

※息子読みはじめ:

Where is Baby's Belly Button 1歳4ヶ月〜

Toes, Ears, and Nose 1歳半〜

 

日本語版

 

おへそどこ? (あかちゃんとあそぶしかけえほん)

おへそどこ? (あかちゃんとあそぶしかけえほん)

 

 

シェア問題に直面しているもうすぐ2歳児、この本も気になります!

 

I Can Share: A Lift-the-Flap Book (Karen Katz Lift-the-Flap Books)

I Can Share: A Lift-the-Flap Book (Karen Katz Lift-the-Flap Books)